2012年05月24日

国分町 in GW

被災地旅行後に仙台を再訪問したのはGW。
エスパルスvsベガルタの1位2位対決の観戦の為に、
清水から青森に戻る途中で立ち寄りました。
試合はエスパルスが仙台に今季の初黒星をつけてやりましたよるんるん

まぁ、それはいいとして試合前日に仙台に着いて、国分町で飲んできました。
(本当は仙台の友達と飲みたかったのですが横浜に帰省中だったために断念。)
で、飲み屋でまた色々と話を聞くことができました。

まず興味深かったのは、被災者にはボランティアに来て欲しくない人も多いということ。
東北の県民性として余所者を嫌う傾向があるらしく、
ボランティアに来ながらも手が空いてブラブラされていたりするのが嫌らしいです。
もちろんボランティアの人手がなければ復興は進まないでしょうし、
被災された方たちにはストレスとなってしまうのかもしれません。
そういうことを考えると自由度の高い個人でのボランティア参加よりも、
ツアーに参加して受身でボランティアをこなす方が良いのかな?
まぁ青森は一応被災地だからなのか、青森発のボランティアツアーなどはないのですが・・・
まぁ、無理に一人でボランティアに行くよりは、
俺には観光に行って東北でお金を浪費するのが程よい復興支援だとしておきます。

そしてもう一つは悲しい話。
先日の被災地旅行の際に訪問した石巻ですが、夜には通行止になるそうです。
別に道路に問題はなかったのですが、夜に通行した人から110番通報が多いのが理由。
何故かと言うと、走行中に人が飛び出してきて轢いてしまったと思い確認すると、
そこには誰もいないということが頻発したそうです。
やはり成仏できない霊が多く土地に残っているんだと思います。
現に、フィルムで石巻を撮影した写真の一枚には全体に白い光が点々と写っています。
怖いという感情よりも可哀想だと言うしかありません。
被災して亡くなった方たちは、それこそ納得した死ではありませんし、
自分が死んだことも理解できていない方も多いでしょう。
今後の復興の中で建物などを復旧することが最優先ですが、
その土地に眠る方々が穏やかに成仏できる事を願うばかりです。
posted by kmdi at 02:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。