2012年03月30日

南三陸町⇒一ノ関

女川町の次に向かったのは南三陸町。
女川を過ぎてからは海岸沿いを北上しましたが、
高台、もしくは若干の内陸では変わらない美しい景色が広がりますが、
海岸沿いでは津波の被害をまざまざと見せつけられます。
運転していても頭の中が麻痺してくるような感覚です。

一年経過した現地でです。

40kmほどかな?
被災状況と綺麗な景色を見た先についたのが南三陸町。
もう「テレビで見たことがある」という観光的な感情が強かったです。
申し訳ないけれど、自分じゃなくてよかったとしか思えません。
IMG_2621.JPG

IMG_2622.JPG

ここまで一日走って思ったのは、ツラさを分かち合うなんてできないということ。
被災地を見ても、一番に思うのは清水が被災地じゃなくてよかった。
自分の知り合いが無事でよかったということでした。
そういうことも踏まえて、感情は置いておいて結果的にプラスになることは何か?
それを考えて実行するのが必要なのでしょうか?


南三陸町の時点で日没だったため、友だちに探してもらっていった先が一ノ関。
知らなかったけど温泉街なんですね。
部屋でまったりしてから、駅前で雰囲気の良かった「あんあん」と言う居酒屋へ。
なぜかBGMがサザン一色の居酒屋内で店員さんと色々話しましたが、
「被災者の中でもボランティアに対して傲慢になってしまっている人がいる」とか、
「自分達は近くにいるのに一度もボランティアに行けていない」など、
現地に行かなくては聞けない感情を聞かせてもらえました。
まぁ、それ以上に楽しく飲んでいたんですけどね(笑)

それでも静岡から来ているボランティアの人がよく来てくれるとか、
静岡県民として嬉しい話をしてくれました。
そして被災地に来てくれることが嬉しいと言ってくれました。

いろいろな意見があるだろうし、被災地で写真撮ってる自分に違和感がありましたが、
この一言で旅行に行ったことは間違ってはいないと思えました。
もちろん正しい事とは言えませんけどね。

そんな感じで楽しい話、タメになる話と、おいしい酒と肴で満足して一日目が終了です。
posted by kmdi at 18:34| 千葉 🌁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。